So-net無料ブログ作成
検索選択

2010年のF1世界選手権

2010年のF1世界選手権は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第61回大会として開催される。概要FIAとFOTAの対立2010年に新たに導入されるレギュレーションとしては、予算制限が大きなポイントとなっていた。2009年3月17日にFIAは、チームの年間予算を3,000万ユーロ(後に4,000万ユーロまで増額)に制限して技術的障壁を取り除くか、予算無制限で2009年のレギュレーションと同程度の制限を受けるかのどちらかをチーム側が選択できるようにするとした[1]。この2段階のレギュレーションに対してFOTA側から反対意見が噴出した[2][3][4]。特に予算制限の有無によって2種類のレギュレーションが存在することが非難され、さらにバジェットキャップ制度の見直し(金額の増額)などを訴えた[4][1]。特に、スクーデリア・フェラーリは、規約が変更されない限り2010年のF1世界選手権には参戦しないことを主張している[3]。しかし、FIAは4月29日世界モータースポーツ評議会の場で、4,000万ポンドの予算キャップを含めた2010年のF1レギュレーションを正式発表した[1]。FOTAに所属している全10チームのうち、ウィリアムズF1とフォース・インディアはFOTAとは別に2010年のエントリーを提出した[5][6]。そのため、ウィリアムズとフォース・インディアはFOTAから一時除名処分を受けていた[7][8]。6月19日に、ウィリアムズとフォース・インディアを除いた8チームは、新シリーズを立ちあげる予定であることを発表した[9]。分裂回避しかし、最終的に分裂は避けられ、6月24日に、今後チームは2年以内にチャンピオンシップ参戦コストを1990年代初期のレベルに削減することと、マニュファクチャラー・チームは2010年の新規参入チームを技術的に支援することで同意した[10]。マックス・モズレーは次期FIA会長選挙に出馬しないことを表明した[10]。この合意にもかかわらず、24時間後の25日には、FOTAが「FIA議会のミシェル・ボエリ議長が今やF1の責任者であり、モズレーには権限がなく、10月に引退した後にはFIAでのポストはなくなる」と述べた事に関して、モズレーが「これがマスコミを欺こうとする「意図的な試み」であったため、将来の選択肢をオープンにする」と述べた[11]。また、モズレーは、世界中からFIA会長の再選を要請されていることも明かしている[12]。結局、モズレーが改めて次回のFIA会長選挙に立候補しないことを表明して事態は落ち着いた[13]。8月1日に新コンコルド協定が締結された[14]。2012年3月31日まで有効なもので[14]、新規参戦チームのUSF1も締結した[15]。その後、分裂騒動が一段落した9月9日にウィリアムズとフォース・インディアのFOTA再加入が認められた[16]。相次ぐ自動車メーカー等の撤退とメルセデスのブラウンGP買収 この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。FIAとFOTAの対立は解決され、2010年に向けてコンコルド協定の調印が進められていたが、2009年7月29日、BMWが突如F1撤退を発表した[17]。これにより、当初決まっていた13チームの枠がひとつ空き、その一枠をめぐっていくつかのチームが噂にあがっていたが、最終的に、イギリスの自動車メーカーであるロータスのオーナーであるマレーシア企業主体の「ロータスF1チーム」がその枠を得た[18]。BMWザウバーも、スイスの投資会社であるQadbakに売却した[19]。そして、FIAから14番目のチームとして発表された[19]。この14番目のチームというのは、なんらかの理由で参戦できなくなったチームが出てきた場合のグリッドを埋めるチームとされたことである。現在、FIAは既存チームに参戦可能台数を26台から28台まで拡大できるように働きかけている。しかし、チームを当初発表したQadbakではなく、創始者であるペーター・ザウバーに売却することで合意したと発表した[20]。11月2日には、唯一のタイヤサプライヤーとなっていたブリヂストンが、このシーズンを最後にF1から撤退することを発表。更にその2日後には、トヨタがF1から完全撤退し、このシーズン以降は参加しない旨を発表した[21][22]。トヨタの撤退により、2009年に参戦していた10チームの内2チームが撤退する形となる。また、ルノーの撤退の可能性がBBCなどのヨーロッパのメディアで取りざたされている。これら一連の大手自動車メーカー撤退の動きを加速させている要因としては、不況による自動車販売の落ち込みと、地球環境問題に伴う自動車そのものの変化が挙げられている。従来の石油系燃料を動力源とす

結婚式フィーバー
gremrpyetbのブログ
無料携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
債務整理・自己破産
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。